学校生活:部活動

吹奏楽部



部員

2017年度
1年次 16人  2年次12人  3年次10人   合計38人

大会成績

第70回 高文連上川支部音楽発表大会 奨励賞(第7位)
第62回 北海道吹奏楽コンクール旭川地区予選 高等学校B編成の部 金賞

一言

 今年度は新入部員11名を加え、更にパワーアップした吹奏楽部になっていけたらと思います。この代で迎える本番1つ1つが最初で最後になるので、自分たちも聴いてくださる方々も楽しめる演奏をしていきたいです。

放送局


局員

2018年度 1年次4人・2年次1人・3年次2人 計7人

大会成績

北海道高等学校文化連盟第41回全道高等学校放送発表大会 兼 第64回NHK杯全国高等学校放送コンテスト 北海道大会 上川支部大会
期日:平成29年5月24~25日
・アナウンス部門(35人中)  3年 川村崇将 1位   3年 安達 樹 3位
 (2名とも全道進出)
・朗読部門(42人中) 3年 中嶋理乃 1位 3年 末澤千春 8位
 (2名とも全道進出)
    2年 植田 優 11位 奨励賞 
・創作ラジオドラマ部門(9作品中)  4位(全道進出)(3年 吹田りおん 制作)
・創作テレビドラマ部門(6作品中)  5位 奨励賞
                 (監督:3年 中嶋理乃、編集:2年 矢吹歩美)

○北海道高等学校文化連盟第41回全道高等学校放送発表大会 兼 第64回NHK杯全国高等学校放送コンテスト 北海道大会
・アナウンス部門(64人中) 3年 川村崇将 54位 3年 安達 樹 41位
・朗読部門(82人中)  3年 中嶋理乃 8位(全国進出)3年 末澤千春 69位
・創作ラジオドラマ部門(43作品中) 23位


○第64回NHK杯全国高等学校放送コンテスト
・朗読部門 3年 中嶋理乃 準々決勝(1回戦)出場
 
○第40回高文連放送コンテスト上川地区大会兼第50回高文連上川地区 アナウンス・朗読・番組コンテスト
・朗読部門 4位 2年 植田 優(全道進出)
・ビデオメッセージ部門 8位 2年 矢吹歩美 「地元ですから。」

○北海道高等学校文化連盟第40回放送コンテスト
・朗読部門 13位 植田 優

            

一言

 私たち、富良野高校放送局は、年に2回行われる大会へ向け、部員一同、ベストパフォーマンスを出せるように練習に励んでいます。また、行事の撮影や映像制作など、学校活動を支える仕事だけでなく、地域のコミュニティーラジオ局でのラジオ番組を放送するなど、活動は多岐に渡っています。

科学部

部員

2018年度 1年次2名 2年次2名 3年次5名  合計9名

大会成績

高文連上川支部地区大会において「富良野地方のプラナリア類第6報」
 「ユーフレ川の環境調査第2報」「富良野地区のワラジムシの生態」「金魚とカワシンジュガイの水質変化」それぞれ奨励賞
高文連全道大会出場
富良野環境展 「環境保全活動部門賞」受賞!

一言

  昨年度に比べ、部員が爆発的に増えました。今年度はこの愉快な仲間たちとともに野山を駆け巡り、動植物と触れ合い、研究に精を出していきます。動物園も行きます。

写真部


部員

2018年度 1年次5人 2年次9人 3年次3人    合計17人

今年度大会成績

平成29年度北海道高等学校文化連盟上川支部写真展・研究大会 

入選

竹内理紗(1年次)

田中杏佑菜(1年次)

奨励賞

吉田憲人(2年次)

西出拓真(1年次)

一言

写真部です。部員は3年生5名(男2名、女3名)、2年生9名(男6名、女3名)、1年生3名(男3名)の計17名で活動しています。

 毎週水曜日の放課後は各部員が撮影してきた写真を全員で批評し合いながら、日々技術の向上に励んでいます。こうぶんれんの地区大会は9月ですが、その他のコンテストにも出品していこうと思っています。今年は、『ふらのみらいらぼ』が企画する「白い服プロジェクト」に参加し、広く地域に活動を広げています。

美術部



部員

2017年度 1年次4名 2年次8名 3年次7名 計19名

大会成績

○北海道高等学校文化連盟 上川支部美術展・研究大会 

支部優秀

筒井亜美 安部聖哉

入選

北山雅也 杉原由姫 村上直輝

佳作

松澤亜珠 増田果林 山本拓海 高松あかり 松原夏凜 

一言

 新入部員8名を迎え活動しています。時間講師の盛本先生に指導していただきながら自分の感じたものや好きなものを描いています。
 昨年同様、部員全員で全道大会に参加できるよう頑張って取り組んでいます。

書道部



部員

2017年度 1年次8名  2年次3名  3年次7名  合計16名

大会成績

○平成29年度高文連上川支部書道展・研究大会
 特選  菊地汀紗、迫田明莉、鈴木明希、馬場千聖、町田凜
       杉村涼、太田若菜、青木千鶴、舘洞怜奈 
 秀作  林舞花、黒﨑由楓、柴田菜留美山本心愛
 ※13名は10月に函館で開催される「全道書道展・研究大会」に出展・参加します。

○平成29年度全国高等学校総合文化祭推薦(7月開催:広島県)
    青木千鶴

一言

  「前向きに、創造的に、自由に」~それが書道部のモットーです。

茶道部

部員

2018年度 1年次5名 2年次3名 3年次1名        合計9名

活動

活動は基本的に週2回の稽古に励んでいます、そのうちの1回を講師の先生に指導いただいています。また、行事の前には稽古を増やして復習を重ね、茶席でお点前を披露できるように努めています。
 部としての大きな行事は富高祭での茶会、富良野市の祭典「へそ祭り」での文化体験コーナーでの茶会、富良野観光協会主催の国際交流茶会をおこない、稽古の成果を披露するとともに地域の行事の担い手としても関わりを持って活動しています。
 また、裏千家学校茶道研修会においては参加校の代表として毎年お点前を披露しています。
 講師による指導を受けることで、3年間の活動の成果として、茶道裏千家初級資格を得て卒業することができます。

一言

 
 愛される茶道部を目指し、楽しく元気にかつ美しく日々活動しています。
                      稽古とは 一より習い 十を知り 
                               十よりかへる もとのその一 (千利休)

「愛される茶道部」を目指し、楽しく元気にかつ美しく、日々活動しています。”稽古とは 一より習い 十を知り 十よりかへる もとのその一”by千利休 

新聞局


局員

2017年度 1年次1人 3年次3人 合計4人

大会成績

<平成27年度>
【全道大会】
・全道高校新聞コンクール 手書きワープロ部門 優秀賞
【全国大会】
・第19回全国高校新聞 年間紙面審査賞
・第44回全国高校新聞コンクール(大東文化大学主催) 優秀賞

一言

校内行事、部活動の活躍はもちろん、地域社会にも目を向け、高校生の視点で問題提起してきました。